地域包括支援センター

 地域包括支援センターでは、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で安心して生活できるように、主任介護支援専門員や経験豊富な看護師等を配置して、日常生活の中で、わからないことや不安に感じていること、困っていることに対して相談に応じています。
苓北町では、令和2年4月1日から社会福祉協議会が受託して運営しています。

○地域包括支援センターとはどんなところ?

 地域包括支援センターは、介護・医療・保険・福祉などの側面から高齢者を支える「総合相談窓口」です。専門の知識を持った職員が、介護サービスや介護予防サービス、保健福祉サービス、日常生活支援などの相談に応じていて、介護保険の申請窓口も担っています。

○利用条件は?

 苓北町に住んでいる65歳以上の高齢者、またはその家族が対象です。離れて暮らす親について相談したい場合は、対象となる親が住んでいる場所の地域包括支援センターにお問い合わせ下さい。

○業務の内容は?

 地域包括支援センターは、苓北町の高齢者の皆様を支えるために「介護予防ケアマネジメント」「総合相談」「包括的・継続的ケアマネジメント」「権利擁護」「介護予防・日常生活支援総合事業」の業務を行っています。

 ※青色の下線にカーソルを当てると業務の説明が表示されます。

◎「くれよんカフェ」で一息つきませんか?
 ・家族介護で悩みがある人、困っている人や、外出しても話相手がいない人の集まりでお茶を飲んで話をしたリ「ホッ」と一息つける場所が、
 「くれよんカフェ」です。詳しくは、案内チラシをご覧ください
  (「くれよん」の意味は、高齢者の方も障がいのある方もない方も、個人としての色をそれぞれ持っています。そのたくさんの色が交わり新しい色を作り
  出し、素敵な出会いという絵ができあればいいなという思いから、名称を「くれよん」としました。)

 ※「くれよんカフェ」案内チラシ

※どんなことでもお気軽にご相談ください(^_^)/~